読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッジョ・レ・ヴォルピが激安 | プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア赤ワインの購入ならココのお店 2017年度

楽天
果実炸裂なこのワイン。はやくシイラが出回らないかな。オススメ(^◇^)さすが安旨に選ばれだけあります。

これっ!

2017年03月03日 ランキング上位商品↑

プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア ポッジョ・レ・ヴォルピ 赤ワインプリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア[2015]ポッジョ・レ・ヴォルピ(赤ワイン)[Y][A][P][J]

詳しくはこちら b y 楽 天

プーリアの地葡萄!プリミティーボのDOCはなかなか日本に入荷しません。当然◎。またリピしたいです。プレゼントでしたが、とりあえず一緒に開けて飲みました。。2005,2007は特によかったそうですが、2008も十分以上に美味しい。まだ呑んでません。大賞受賞の06年物は知りませんが07年物は超濃縮の濃い口です。香りも良く!ピザ等のイタリア料理系に合うという印象です。すごい濃い口。あまり冷やさないで!いや!むしろ20℃以上で飲む方が!味わい深くなると思います。少し空気に触れさせた後の方が美味しかったです。合わせにはやはりイタリアンかしら。樽香あり。でも!とても1000円台前半とは思えません。レビューを見て購入。味わいはカリフォルニアワインをお好きでしたら、ジンファンデルの原種がプリミティーヴォですので、想像しやすいかも?基本的にはプーリアの地葡萄です。最高の味を味わって下さいね。サレント半島のイオニア海がわに面した南向きの土地にあり、太陽と海の恩恵をいっぱいにうけて、糖度の高い葡萄が育ち、本当に果実の味わい豊かでふくよかな素晴らしいワインになります。但し、いかにもP氏が好む味わいです。少し果実味が強すぎる感はありますが!個人的には好きな部類です。今日は鰹とアボカドとトマトのサラダと合わせました。レビューをみながら購入しました現在は完売でした呑むのが楽しみです2007年物。昨夜は旬のアサリでボンゴレビアンコを作ってサンチェとオリーブと揚げたまねぎのサラダと合わせました。軽く冷やしてどうぞ。アルコールはやや高め、国産のベリーAやまぼろしのアジロン種にも通じるほのぼのとした味わいです。相性バツグンなんですよo(^-^)o綺麗な澄んだ赤紫!わずかな酸味と強烈な果実味!それなりの甘さからなります。イオニア海南イタリアの太陽の恩恵をいっぱい受けたワインです。昨夜は鰹の刺身!鯛の塩焼きと!夏の魚2種と合わせましたけど◎でした。辛口のフルボディを期待される方にはお勧めしません。もともと糖度の高いブドウなのでしょう!初めてプリマティーヴォ種のワインを飲みましたが美味しく感じました。モンテプルチアーノとメルローの合いの子みたいなワイン。夏場はよく冷やして、涼しげな料理と合わせるのがいいです。トマトやレモンの酸味がよく合います。スペアリブと合わせてみました。一口目のインパクトは弱く!「あれっ?」という第一印象だったのですが!二口目以降からは印象が徐々に変わっていき!フルーティーさが前面に出るようになり!濃厚さも感じるようになりました。チーズケーキなどデザートにも合うワインだと思います。魚料理もよく合います。イタリアのブーツのかかとのさらにかなり南のマンドゥーリアのワインですからね。プリミティーヴォの甘い香りと味わいは確かに素晴らしいワインです。これは美味しいです!プリミティーヴォという葡萄を初めて飲みましたが甘めで嫋やか、抜栓直後から飲みやすいワインでした。個人的にもうチョットだけ薄いと星五つでした。イタリア風な野菜のトマト煮とホタルイカの刺身と子鯛の塩焼きといただきました。プリミティーヴォの故郷ですね。メルローとよく似たニュアンスなんだけど、もっと質感が柔らかい。イタリアのブーツのかかとのところにあるプーリア州には!ネグロ・アマーロとプリミティーヴォという二種類の地葡萄があり!そのうちプリミティーヴォから造られる100%セパージュワインのDOCが!プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアです。リピートですが、ほんとに美味しいプリミティーボの果実味爆裂ですよ。何回も飲んでいるが濃厚な色彩と高めのアルコールにいつもノックアウトされそうなほど。一人で飲みたいわけでは!二人でのむべきかな…。タンニンがしっかりしている。ぜひお試しください。多分!チーズ!トマト!オリーブオイルといった!いかにもイタリアの食材との相性が良いのだと思います。コスパ高いです。イタリアンとの相性は抜群です。このワインもとても美味しいです。いやあ、ホントに美味しかったo(^-^)oともかく濃い色彩にまずびっくり!オープン直後からのプリミティーヴォの甘い香りにほんわか!一口目から凝縮した果実の味にドキドキ!そんなワインでした。今はイタリア全土で収穫され、ブレンドに使われるプリミティーヴォですが、その発祥の地が、マンドゥーリアからタラント湾を臨む丘陵地帯だそうです。期待通りでおいしくいただきました^^リピします。DOCプリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアは何種類か飲みましたが!これほどプリミティーヴォの「果実感」という特徴を感じたのははじめてではないかなあ?若飲みタイプのワインですからジャスト飲み頃ですけど!これだけの凝縮感なら!真夏に冷蔵庫で冷やして飲んでみたいです。プリミティーヴォの果実を濃縮したようなワインです。味によらずアルコールも高いですから気をつけて。¥1,000程度と考えれば上質である。黒い果実・ナッツ・バターのアロマ、しっかりめのタンニン、軽いめの酸、軽くアフターもある。暖かい土地で!太陽と海の恵みをふんだんに受けたワインですからね。